排水管 水漏れを避ける工夫

排水管 水漏れを避ける工夫 思いがけず突然水漏れが起こることがありますが、とくに自宅で一人でいるときに、こういったトラブルが起こったら不安になってしまうことでしょう。トラブルの一つである排水管 水漏れは、長年使い続けているとこういったことが起こることもあります。
水漏れに気が付くのは、心当たりがない床の水たまりやシミ、カビなどです。今まで見たことがない異変に気が付いたときは、排水管 水漏れを疑った方がいいでしょう。わずかの水漏れであっても、それを軽視してはいけません。家を傷めてしまう原因にもなりますし、場合によっては周囲の人へ迷惑をかけてしまうことも考えられるからです。被害を最小限にするためにも、すぐに対応することが重要です。

■どこから水漏れしているのか知りたい時の方法について

水が漏れていることに気が付いても、それがどこから漏れているのか分からないことも多いものです。場合によっては、排水管ではなく給水管の方に問題がある場合もあるからです。いずれにしても、早めに対応することが必要です。排水管と給水管のどちらに原因があるのか知りたい時は、簡単にチェックする方法がありますので試してみてもいいでしょう。
まず、トイレもキッチンもお風呂も、水を使うのは一旦全てストップします。この状態で、水道メーターを確認してみましょう。水道メーターを見て動いていない場合は、排水管の方に何かしらの問題があるということです。トイレやキッチン、お風呂などの排水管をチェックしてみてください。

■どうしてトラブルが発生してしまうのか
排水管から水漏れが起こる原因は色々考えられます。その一つは、劣化が挙げられます。昔は金属を使ったパイプも多く見られたのですが、現在は樹脂製のものが多くなってきています。一般家庭の場合は、樹脂製のものが一番多く見られるのですが、これもまた永久に使えるものではありません。15年、20年と使い続けているうちに、傷みが目立ってくることもありますので、長く使っている方は注意しておく必要があります。
また、汚れが激しい場合も、トラブルが起こりやすくなりますので注意が必要です。他にも、つまりが原因でこういったトラブルが起こることがあります。キッチンであれば、野菜くずや食べ物のカスなどが詰まったり、食用油が付着することで汚れが蓄積して問題が起こりやすくなったりします。また、お風呂であれば髪の毛などのつまりが原因で水漏れを起こすこともあります。

■つなぎ目が原因になることもある

排水管には、つなぎ目がありますが、このつなぎ前が何かしらの理由で緩んでしまい、水漏れが起こることもあります。長く使っていることで緩むこともありますが、他にも地震などの影響を受けることもあります。また、気温の変化によって、少しずつ緩みやすくなることもありますので、時々チェックしておくと安心です。
知らないうちに排水管が緩んでいて、思いがけない場所に水が漏れていたりカビが生えてきたりすることもあります。床だけでなく、家の造りなどによっては壁にそれが見られる場合もありますので、注意しておきましょう。

■まとめ
排水管から水が漏れている場合、考えられる理由は色々あります。樹脂製のものがたくさん流通していますが、永久に使用できるものではありませんので、長く使っている方は注意しておきましょう。つまりや汚れなどが原因になることもあります。キッチンなどは、野菜くずなどがつまりやすいので注意しながら使うことも大切です。他にも、地震の影響などでつなぎ目が緩み、これが原因で水が漏れることもありますので、心当たりがないシミやカビが多くなってきたときは、チェックしてみるのがお勧めです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース