排水管のパイプからの水漏れ修理

長年使ってきた排水管やパイプなどは、錆びや劣化が発生することで詰まりや水漏れなど水のトラブルが発生してしまうことも少なくありません。劣化以外でも、ナットのゆるみが原因で水漏れが起きていることもありますので、一度確認してみましょう。お勧めの確認方法があります。

■排水管の水漏れの原因について

洗面所などの排水パイプから、水漏れが起こることもあります。考えられる原因は、ヒビが入っていたり穴が空いていたりと、何かしらの問題があることです。長く使ってきたものや、何かしらの理由によって衝撃が与えられたパイプは、このような問題が起こることもあります。特に何もしていなくても、地震や経年劣化などでこういったトラブルが起きたりすることもありますので、注意しておきましょう。

■どこから水漏れしているのか

パイプや接続部分から水漏れしているときは、どこから水が漏れているのか確認してください。水漏れしている箇所が分からない時は、水を少しずつ流しながらチェックすると分かりやすいです。水がにじんでいるところが、水が漏れている部位です。ただし、自分で確認できるのは目視で確認できる範囲に限られます。排水管は壁の内部や床下などに埋め込まれている部分もあるため、こうしたところは自分では確認することができません。水漏れ箇所を特定できない場合や、自力での修理が困難な場合は、できる限り早く専門家に水漏れ箇所の確認と修理の依頼をすることが大切です。

■まとめ
長く使用してきた排水管やパイプは、ヒビやナットのゆるみ、部品の劣化など問題が起こりやすくなります。どこから水が漏れているのか分からない時は、一旦水をストップしてから、少しずつ水を出してみると分かりやすいです。多少のトラブルであれば、自分で対応することができますが、早めに専門家に相談した方が安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ