トイレの水漏れ修理の前に排水管を確認

トイレは、日常生活の中で必要不可欠なものである上に、たくさん水を使う場所なので、水のトラブルが起こりやすい場所でもあります。それは、一般的なトイレはもちろん、ウォシュレットなども同じです。トイレに心当たりがない水たまりやカビなどを見つけた時は、水漏れを疑ってみることをおすすめします。

■トイレの交換が必要な時

ヒビが入っていたり、壊れていたりする場合は、便器を交換した方が良いでしょう。使う頻度にもよるのですが、15年以上使っている便器は、不具合が出やすいので注意しておきましょう。不具合が生じた場合、修理をして対応することができても、これからのことを考えた場合トイレの交換をした方が良い場合もありますので、メリットとデメリットを比較しながら判断してみてください。

■シャワートイレの修理について

便利なシャワートイレですが、もちろん水漏れなどの不具合を起こすこともあります。水漏れが発生していることが分かったら、どこから水が漏れているのか調べてみましょう。シャワートイレの場合は、給水ホースや止水栓などのほか、接続部分や元栓、ノズル、操作パネルなどに、水漏れの可能性があります。いずれにしても、まずは水道の元栓を確認しましょう。
次に、アース線と電源を抜いて安全な状態にします。ここが、一般的なトイレとの違いです。シャワートイレは、電気を使用していますので、漏電や感電に気を付けることも必要になります。

■まとめ
トイレは、水漏れなど水のトラブルが多い場所です。長く使っているトイレや、壊れてしまったものは新しいトイレに交換した方が良い場合もあります。その際に、排水管がどこにあるのか確認しておくことが必要です。排水管は、床にあるタイプと壁にあるタイプがあります。また、シャワートイレは電気を使用してますので、水漏れを見つけた時はアース線と電源を抜いて対応することも覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ